飲んでも痩せない人がいるのはどうして?深いわけがあるの?

 

人生最後のダイエットと決心して
ビアンコロールを飲み始めたのに、ほとんどといっていいほど痩せない。

 

 

時々こういう感想があるようですね。

 

確かに、そうとう高い評価のあるビアンコロールですから、
痩せないとなると期待していたぶんガッカリ度も半端ではありません。

 

ビアンコロールを飲んでも痩せないのはなぜなのか。

 

飲み方などに問題があるのでしょうか?

 

改善すれば痩せるのなら、知りたいですよね。

 

 

 

体質は千差万別。結果が出るのはもう少し先かも?

 

 

現在、星の数と言って良いほどたくさんのダイエットサプリが存在します。

 

それぞれに痩せるメカニズムがあって、
宣伝文句からすると、いかにも痩せそうですよね。

 

ビアンコロールはドクターストップが
かかるほどだというキャッチフレーズがあるので、
痩せないなんて考えられないと思ってしまいます。

 

 

ただ、ビアンコロールに限らず、
どんなサプリにも限度はあるはずです。

 

たとえば、これを飲んでいれば痩せる、
ということになれば、ふだんの何倍も食べてしまったり、
あるいはわざわざ太りそうなものばかり食べたりとか。

 

 

そうしたことがあれば、どんなに強力そうなサプリでも、
能力のキャパを超えてしまうはずです。

 

あともうひとつには、体質的なことも考えられます。

 

 

ごく単純に太りやすい人と、痩せやすい人とがいます。

 

これは主に基礎代謝の違いからきています。

 

筋肉量が多い人は
基礎代謝が高くなるので、どちらかというと痩せやすい部類です。

 

 

もちろん筋肉量が低ければ
基礎代謝は低いので、痩せにくい体質になります。

 

ビアンコロールには、
体を燃焼体質に近づけていく作用もあるようです。

 

でも、もともと燃焼しにくい・・・
つまり、基礎代謝の低い人の場合、

 

すぐには体質は変わらず、
どうしてもある程度の時間がかかってしまいます。

 

 

もしビアンコロールを飲んでも痩せないのであれば、
食べ過ぎていないかということと、
自分の体質について冷静に検討してみてはいかがでしょう。

 

 

ビアンコロールの公式サイトにも
数週間で二桁体重が減った、ということが出ているので、
どうしてもいきなり痩せるイメージを持ってしまいます。

 

 

もし、そんなにすぐに変化を感じないのなら、
食生活を見直しながら、
しばらく飲み続けてみるようにいたら良いかも知れません。

 

 

燃焼体質に変わるには、
それなりの時間がかかる場合があるからです。

 

 

また、ビアンコロールの効果をより早く実感するために、
意識して歩くようにするなど、
軽い運動を組み合わせてみるといいかも知れません。

 

 

>>ただ飲むだけで“極限まで痩せる”究極ダイエット!